糖尿病 健康食品 相性

糖尿病患者は、健康食品を無暗に探さず、薬との相性で選ぶ事だ

糖尿病患者は、無暗に「糖尿病に効く」と謳っている健康食品を摂ってはならない。現在、健康食品の中には「血糖値を下げる」などと謳っている商品が、多量に上市されている。糖尿病患者でも自覚症状に乏しい患者は、自己判断で無暗にこの類の商品に手を出したがる傾向がある。しかし、既に医師の診察を受け、投薬療法の段階にある患者は、血糖値を下げるための薬を飲んでいるわけで、血糖値を下げると謳っている健康食品を摂っては、低血糖を引き起こす可能性がある。

また、投薬療法を受けていなくとも、無暗に健康食品を摂ってはならない。健康食品は、摂取量が多めになってしまう事が往々にしてあり、摂取過剰状態で、やはり、低血糖を引き起こす可能性があるので、注意が必要だ。血糖値が正常値を超えていない人は、血糖値を下げる健康商品を摂取するのは、むしろ「危険」だ。厚生労働省が許可している特定健康用食品、所謂「特保」の健康食品には、「糖尿病の人は事前に医師と相談してください」と、必ず注意書きがある筈だ。どうしてもその健康食品を摂取したいのならば、主治医に相談すべきだ。

確かに、糖尿病患者にとっては「血糖値が下がる」、「糖尿病が治った」などの宣伝文句は大いに気になる。面倒な投薬療法よりは、出来る事ならば、薬効が確実ならば健康食品に「すがりたい」気持ちになる傾向がある。しかし、断言する、「健康食品で糖尿病を治すことは出来ない」。インターネット経由の個人輸入などで、厚生労働省の認可商品ではない健康食品を摂取した結果、その健康食品に違法な成分が含有されており、健康被害にあった事例も報告されている。栄養バランスをよく考えた、規則正しい3食の食事療法が、糖尿病治療の根底にあり、さらに適度な運動療法、そして必要に応じて投薬療法を行うのが糖尿病の治療だ。健康食品を摂取するだけでは、糖尿病を治療する事は出来ない。