糖尿病 自覚症状

妊娠中に罹患する妊婦の糖尿病は、一時的であれ食事療法等が必要

妊娠すると糖尿病を併発する事は、医療現場では良く知られた事だ。妊娠時に発症する糖尿病は、通常の糖尿病とは別の疾病だ。妊娠時には胎盤から、血糖値の上昇を促すホルモンが多く分泌され、妊娠中は一種の糖代謝異常の状態に、恒常的に母体は置かれるようになる。特に、妊娠中期以後には、インスリン抵抗性(インスリンが効きにくい状態)となり、血糖値が上昇しやすくなる。これが、妊娠時の糖尿病であり、インスリンの分泌異常や、分泌量低下による、通常の糖尿病とは異なる状態だ。

妊娠中に血糖値を測り、値が空腹時血糖値で126mg/dℓ以上、ヘモグロビンA1cの値が6.5%以上、確実な糖尿病網膜症がみられる、.随時血糖値が200mg/dℓ以上のいずれかに該当する場合、「妊娠糖尿病」と診断される。通常の糖尿病とは異なる疾病とは言え、食事療法を中心とする治療を行う必要があるとされている。また、妊娠後、血糖値を測り、値が高い事が初めて分かる事も、まれにではあるが、事例として報告されている。

母体は正常の場合、妊娠によりインスリン抵抗性となる時期には、膵臓からインスリンが多く分泌され、血糖値の上昇を防ぐよう、自動的に血糖値を調節する機能を有する。しかし、必要なインスリンを分泌する事が出来ない体質の母体は、必然的に血糖値が上昇する。原因としては、2型糖尿病同様、糖尿病に罹患している家族・親族がいる、母体が肥満気味である、流産・早産歴がある。または、妊娠時の年齢が30代後半以降であり、比較的高齢妊娠であるなどの場合には、インスリン抵抗性となり、血糖値が上昇しやすくなるとされている。

インスリン抵抗性のない妊娠初期に、血糖値が高い事が判明した場合などは、妊娠前から血糖値が高めだった、つまりもともと母体が糖尿病に罹患しているか、「境界型」である可能性が高いと考えられる。この状態を「糖尿病合併妊娠」と言う。この場合、妊娠中毒症、尿路感染症、羊水過多症などを併発する場合もあり、胎児への悪影響も懸念されるので、やはり、食事療法を中心とする治療を行う必要性が生じて来る。1つの目安として、過去2~3週間の血糖値状態を示すグルコアルブミンの値が、15.8%以下であるように、血糖値コントロールを行う必要がある。

糖尿病の診断は、採血し血糖値の高低で判断されるが、検査は空腹時に

糖尿病と診断される実際の血糖値は①空腹時血糖値80~110mg/dℓ未満②75gのブドウ糖液を飲用し、2時間後の数値で判断する、75g糖負荷試験(食後2時間血糖値)で110~140mg/dℓ未満③随時血糖値で200mg/dℓ未満の、各数値を超える高値が継続的に示されると、糖尿病と診断される。ヘモグロビンA1cの値だと、2~3か月の平均的数値で、基準値は4.3~5.8%とされ、6.5%以上だと糖尿病と診断される。

空腹時血糖値が110~126mg/dℓ未満、75g糖負荷試験(食後2時間血糖値)で140~200mg/dℓ未満、ヘモグロビンA1cが5.6~6.1%だと「境界型」(所謂「糖尿病予備軍」)と診断される。「境界型」の「患者数」は約880万人。女性はほぽ全年齢層で増加していたが、男性は働き盛りの30、40代で減少。不景気による生活状況の変化を原因として指摘する見方もある。

「境界型」と診断された人で、何かしらの治療を受けている人は半数にも満たず、自覚症状に乏しい「境界型」」の人は、危険な状態を放置したままにしている状況が明るみに出ている。実はこの「境界型」の段階からすでに、大血管障害は発症し始めている事が、世界各地の疫学的研究で明らかになって来ている。「境界型」、「予備軍」だからと言って適切な治療を行わないと、行く行くは大変な事になるのだ。すぐに受診し、食事療法を始めとする治療を開始する事だ。

2003年6月の統計で、数字は少々古いが、同月の厚生労働省の発表によると、糖尿病に罹患していると強く疑われる人が、約740万人、「境界型」(「予備軍」)も含めて、糖尿病患者数は前回調査時より約250万人増加の約1620万人である事が明らかになった。背景には、食生活の欧米化が挙げられるとされる。年齢別では、男女とも60歳未満でやや減少していたが、70歳以上の男性はでは人口の21.3%が糖尿病患者であり、前回調査時から10ポイントも急増。実に5人に1人が、糖尿病に罹患しているという状況が浮き彫りにされている。

糖尿病の境界型とは、空腹時血糖値は通常値の「糖尿病予備軍」の事だ

「境界型」、所謂「糖尿病予備軍」の血糖値の数値は、空腹時血糖値が110~126mg/dℓ未満、75g糖負荷試験(食後2時間血糖値)の値が140~200mg/dℓ未満だ。血糖値がこの範囲内であれば、まだ、糖尿病ではないので「糖尿病予備軍」、または「境界型」に分類される。ただし、この「境界型」との呼称は、日本国内だけで通用する表現で、WHOが定める「耐糖能障害」という呼称が世界標準の正式名称だ。「境界型」とは言え、実はこの段階からすでに、大血管障害は発症し始めている事が、世界各地の疫学的研究で明らかになって来ており、適切な治療を行わないと、行く行くは大変な事になるのだ。

「境界型」と診断された人で、女性の7割強、男性の約5割は、10年以内に糖尿病を罹患したと言うデータがある。このように、「境界型」は「糖尿病予備軍」などと軽視出来る状態ではない。「糖尿病軽度」と呼称するか、WHOの規定する「耐糖能障害」と言うべきだろう。「境界型」ではなく、糖尿病に罹患していると診断するべきだろう。そうすれば、言われた本人も、自身の症状の重篤さに気付き、予防を始めるだろう。その結果、糖尿病に罹患せず、健常者に留まる事が可能となるのだ。

それでは「境界型」の人は、具体的にはどうすれば良いのか。「境界型」の人は、自身が糖尿病軽度の患者であると認識し、まず、過食を避け肥満に注意する、カロリーコントロールに気を配り、食事療法を始める事だ。加えて適度な運動を行う、過度の飲酒をひかえる、禁煙するなど、生活習慣を是正し、血糖値を正常値に下げる事が何よりも肝要だ。

糖尿病教育入院は、糖尿病に罹患してしまった人の本格的入院の前段階

糖尿病の教育入院とは、糖尿病に罹患してしまった患者が、症状を現段階以上悪化させないように、糖尿病に関する正しい知識や食事療法、運動療法などの実践法を理解する目的で、1週間から2週間程度、入院する方法だ。入院中、医師や看護師、栄養士などによる治療法の指導が、VTRなどを使用して行われる。また、血糖値の自己測定などや、合併症を発症しているか否かの検査なども行われる。

入院病棟は、糖尿病の診療科(多くは内科)とは限らず、整形外科であったり、外科であったり、泌尿器科であったりと、糖尿病患者が内科以外の病棟で、他の科の患者と同室になる事も多い。他の科に教育入院した糖尿病患者の割合が、その科の病棟全体の患者数の3割程度を占める事もある。糖尿病で教育入院している事は、他の患者にはすぐ分かる。なぜならば、食事前になると処置室の前に、空腹時血糖値を測定する糖尿病患者の行列が出来る事で、他の科の患者に、糖尿病の教育入院患者である事が分かるのだ。

患者によっては、食事がおいしくないと漏らす事もある。当然、食事療法を行うので、所謂糖尿病食が出され、糖尿病食に満足出来ない教育入院患者も多いようだ。糖尿病食では我慢出来ず、時々間食をしており、体験入院をしたにも関わらず、血糖値が思うように低下せず、最終的に3週間もの長期入院になってしまう患者もいると言う。主治医から、糖尿病は自己コントロールする事が非常に重要だと厳しく指摘され、それ以降、間食を止めると、血糖値も安定するようになり、退院となったらしい。出来れば、糖尿病で教育入院する事態は、回避したいのが本音だ。

糖尿病は血糖値を下げようとする腎臓の働きで多尿症を併発し頻尿に

1型糖尿病も2型糖尿病も、高血糖が直接関係した症状として、頻尿を引き起こす事がある。75g糖負荷試験(食後2時間血糖値)で80~140mg/dℓ未満を超えると、尿中に糖が排出され始める。尿中の糖の値がさらに高くなり、200~250mg/dℓ以上になると、脳からの指令で、腎臓が、放出されている大量の糖を希釈するために余分な水分を排出し、多尿症という状態になる。その結果、過剰な排尿により、頻尿状態となるのだ。同時に、異常な程、喉の渇きを生じる多渇症という状態も併発する。食欲が、異常に増進する事もある。

多尿症を発症しても、対処をしないで放置しておくと、食物の栄養素が十分に利用されず、疲れやすさ、体のだるさが生じる。食事は通常の量を摂取しているのに、糖代謝異常の状態に陥るので、ブドウ糖がエネルギー源として使用されず、脂肪酸などが代わりに使用される。そうなると、体のエネルギー源としての脂肪などが代謝されてしまうので、次第に痩せて行くという症状も発症する。この状態にまで行くと、糖尿病はかなり悪化してしている状態と言える。

多尿症を発症してしまった場合、すぐに血糖値コントロールを行わなければならない。水分補給に関して注意しておくべき事項は、喉が渇いても糖分の多い飲料、ジュースなどをなるべく飲まないようにする事だ。糖分の多い飲料は血糖値を上昇させるので、喉が渇き続けるという悪循環を繰り返す事になる。体が欲求する飲料を摂取しないと、慣れるまではストレスになるが、喉が渇いても、なるべくミネラルウォーターや白湯、またはスポーツドリンクやお茶などを飲用するようにするべきだ。

糖尿病患者は、非患者と比較して貧血を引き起こしやすいとのデータも

糖尿病患者は、糖尿病に罹患していない人と比較して、貧血を併発しやすいという報告がある。貧血と診断されていなくても、ヘモグロビンの値の軽度の低下を生じやすい事は、医療現場では良く知られている。貧血の背景には、糖尿病性腎症の発症により、腎性貧血状態となる事が分かっている。腎臓では赤血球の生産を促すホルモンである、エリスロポエチンが生成され、分泌されている。腎性貧血による腎機能低下により、腎臓でのエリスロポエチンの分泌が停止するので、造血能力も停止する。これが、糖尿病での貧血の主因だ。

糖尿病患者の貧血有病率は、慢性の腎臓疾患を発症している患者より高いという報告もある。糖尿病患者は、著しい腎機能低下が見られなくとも、腎性貧血を併発する事で、貧血に陥るのだ。貧血は血中のヘモグロビンが減少する事であり、糖尿病患者のヘモグロビンは、腎性貧血の併発により減少している可能性がある。従って、腎性貧血を併発していない糖尿病患者と血糖値は同値でも、腎性貧血を併発している糖尿病患者のヘモグロビンA1cの値は低値となる。

腎性貧血への対処方法としては、とにかく血糖値を下げ、エリスロポエチン投薬(経口、注射)療法などにより、赤血球の生成を促すように処置する事が肝心だ。赤血球造血刺激因子製剤を投与する治療も行われる。鉄剤や葉酸といった造血剤の投与も行う。食事療法では赤血球生産に不可欠なタンパク質、神経細胞内の核質やたんぱく質を合成・修復するために、動物性食品、特に貝類に多く含有されるビタミンB12の摂取、ほうれん草・ひじきに多量に含まれる鉄分などを多めに摂る事も重要だ。

日本人が罹患する2型糖尿病は、遺伝的要素が原因の主要因とされる

日本人が罹患する糖尿病の約95%が、2型糖尿病であり、その発症には遺伝的要因が極めて強く関わっているとされる。糖尿病の発生メカニズムとしては、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞を選択的に破壊して発症する事が明らかにされている。しかし、このメカニズムは、欧米人に多い1型糖尿病のものであり、2型糖尿病の詳細な発症メカニズムは、未だ不明だが、1型糖尿病とは異なり、β細胞の破壊は関係ないらしいとされている。

家族・親族に糖尿病に罹患している人がいる場合、即ち、遺伝的要因が発症の主核となり、そこへ肥満、ストレス、生活習慣の乱れ、運動不足、暴飲暴食などの要因が関わり膵臓の働きが低下。インスリンを必要時、必要量分泌出来ない状態に陥り、血糖値が上昇し、2型糖尿病は発症するとされている。2型糖尿病の場合は、インスリンは分泌されているのだ。運動も行っている、食生活にも気をつけているのに糖尿病を発症したり、逆に生活習慣がかなり乱れている人でも、糖尿病にならない人がいるのは、2型糖尿病が、いかに、遺伝的要因が強いかを証明している。

昭和30年代、日本が高度経済成長路線を辿る事により、食生活が豊かになり、その豊かさと反比例して、国民全体が運動不足気味となって行った事が、糖尿病患者数を激増させたのは事実だ。この事実の背景にも遺伝的要因があるとされる。生活習慣の変化、主としてその欧米化により発症要因が増加したとも言えよう。同様な事が、現在、発展途上国で生じており、2型糖尿病の患者数の割合が、次第に増加している発展途上国も多いとの報告もある。

従って、血縁者が糖尿病に罹患している人は、既に、糖尿病の発症要因を持っているわけで、発症させないためにも、生活習慣を改善すべきだ。ストレスフリーの生活習慣、栄養のバランスを考えた食事を摂る、適度な運動を心がける、過食、過度の飲酒喫煙(特に、禁煙するべきだ)をひかえる等、生活習慣の是正に取り組む事で、糖尿病発症のリスクを回避出来るとされている。

栄養士監修による、糖尿病患者用の食事の配達サービスも今や充実

栄養士が監修する、糖尿病患者向け食事の宅配サービスも増加している。糖尿病患者の食事と言っても、特別な食事ではない。脂質(植物油、また青魚に豊富に含まれる不飽和脂肪酸が中心)・糖質(穀類、イモ類)・タンパク質(肉、魚、卵、乳製品)の三大栄養素と、ビタミン・ミネラルがバランス良く摂れ、カロリーが約500kcaℓ程度の食事であれば良いのだ。食事は、1日3回、摂るようにする。1食抜いたりすると、一度に多量のインスリン分泌が必要となり、膵臓に負荷をかける。

これらバランスのとれた食事の宅配食業者としては、ミールタイム(ファンデリー)、カロリーナビ(ニチレイフーズダイレクト)、美健倶楽部(メイプルフーズ)、ヘルシー御膳(タイヘイ)、カロリーシリーズ(すかいらーく)など、大手冷凍食品会社から、大手外食チェーン、通常食材の宅配会社まで、多くの企業が参入している。配達は自社が行っている業者もあれば、大手宅配業者(ヤマト運輸など)を利用している業者もある。インターネットで検索して行くと、続々とサイトが出て来る。

糖尿病患者でも、血糖値とヘモグロビンA1cの値が、正常値を大きくは超えていない「境界型」(「糖尿病予備軍」)の人で、食事療法を行っている人は、これらの宅配サービスを利用する事で、在宅で、入院している状態と同等の治療レベルを保つ事が出来る。これらの宅配サービスを利用してみるのも、良いだろう。経費はかかるが、それでも、1食当たり500~600円程度からサービスは用意されており、3食宅配サービスを利用すると配送料無料だ。何よりも、入院するよりは経済的負担は少なかろう。

食事の宅配サービスを利用し、適度の運動療法を行う事で、「境界型」(「糖尿病予備軍」)の場合、完璧な治療を行う事が可能となる。後は、間食はどの位の頻度まで許されるか、飲酒はどの程度までが許容範囲か、運動はどの程度行えば良いかなどを、主治医の指示に従えば、「境界型」(「糖尿病予備軍」)の人は、良好な血糖値コントロールを行う事が可能となろう。

糖尿病患者は、健康食品を無暗に探さず、薬との相性で選ぶ事だ

糖尿病患者は、無暗に「糖尿病に効く」と謳っている健康食品を摂ってはならない。現在、健康食品の中には「血糖値を下げる」などと謳っている商品が、多量に上市されている。糖尿病患者でも自覚症状に乏しい患者は、自己判断で無暗にこの類の商品に手を出したがる傾向がある。しかし、既に医師の診察を受け、投薬療法の段階にある患者は、血糖値を下げるための薬を飲んでいるわけで、血糖値を下げると謳っている健康食品を摂っては、低血糖を引き起こす可能性がある。

また、投薬療法を受けていなくとも、無暗に健康食品を摂ってはならない。健康食品は、摂取量が多めになってしまう事が往々にしてあり、摂取過剰状態で、やはり、低血糖を引き起こす可能性があるので、注意が必要だ。血糖値が正常値を超えていない人は、血糖値を下げる健康商品を摂取するのは、むしろ「危険」だ。厚生労働省が許可している特定健康用食品、所謂「特保」の健康食品には、「糖尿病の人は事前に医師と相談してください」と、必ず注意書きがある筈だ。どうしてもその健康食品を摂取したいのならば、主治医に相談すべきだ。

確かに、糖尿病患者にとっては「血糖値が下がる」、「糖尿病が治った」などの宣伝文句は大いに気になる。面倒な投薬療法よりは、出来る事ならば、薬効が確実ならば健康食品に「すがりたい」気持ちになる傾向がある。しかし、断言する、「健康食品で糖尿病を治すことは出来ない」。インターネット経由の個人輸入などで、厚生労働省の認可商品ではない健康食品を摂取した結果、その健康食品に違法な成分が含有されており、健康被害にあった事例も報告されている。栄養バランスをよく考えた、規則正しい3食の食事療法が、糖尿病治療の根底にあり、さらに適度な運動療法、そして必要に応じて投薬療法を行うのが糖尿病の治療だ。健康食品を摂取するだけでは、糖尿病を治療する事は出来ない。

血糖値とヘモグロビンA1cの値で、あなたが糖尿病か否かを診断出来る

糖尿病の診断は、採血により血糖値とヘモグロビンA1cの値を測る事で行う。糖尿病診断基準の数値の正常値は①空腹時に図る、空腹時血糖値で80~110mg/dℓ未満②75gのブドウ糖を飲用して、2時間後の血糖値を図る、75g糖負荷試験(所謂、食後2時間血糖値)で80~140mg/dℓ未満③食事時間とは関係ない時間の数値を図る、随時血糖値200mg/dℓ未満だ。随時血糖値とは、食前に図れば空腹時血糖値と同じであり、食後2時間時に図れば、食後2時間血糖値と同じだ。この正常値を超える高値が、継続的に示されると、糖尿病と診断される。

併せて、ヘモグロビンA1cの値も測る。赤血球の寿命は約4か月程度であり、その間、赤血球中のヘモグロビンは余剰ブドウ糖と結合して、グリコヘモグロビンの1種である、ヘモグロビンA1cに変成する。このヘモグロビンA1cの値は、過去2~3か月の平均的な血糖値状態を示す。基準値は4.3~5.8%とされ、6.5%以上だと糖尿病と診断される。6%台前半の数値の人は、すなわち「境界型」(「糖尿病予備軍」)と呼称される。

このように、血糖値とヘモグロビンA1cの値の両方を測る事で、糖尿病が否かが判断される。空腹時血糖値は、食前か食後3時間以上経過した時に測る事だ。また、ヘモグロビンA1cの値が高値であっても、血糖値が正常値を超えていなければ「糖尿病疑い」と診断される。しかし、血糖値のみ糖尿病の正常値を超えており、ヘモグロビンA1cの値は正常値の場合でも、採尿による尿糖検査の値が正常値を超えている、または、糖尿病網膜症の所見が見られる場合には、糖尿病と診断される。